Happy Earth !

雑誌GISNEXT連載「ハッピーアース」連携サイト

土曜日, 7月 25, 2009

地図太郎の機能拡張版 Plus がリリース!

3500円という驚異的な価格で、それでいてかなり使い勝手の良い純国産GIS「地図太郎」ですが、本格的に業務で使う場合の弱点として、印刷機能が弱いことがありました。いわゆる大盤印刷にも耐えうるよう、分割印刷などのさまざまな機能が追加され、もちろんその他にもGPSのリアルタイムプロットやGPX出力機能など、多々機能拡張。ダメ押しに、弊社GPSメイトの拡張GPX属性にも対応と、かなり実務で使うための下地がそろってきました。お値段はダウンロード版で 18,000円。作業用の地図太郎と、印刷用の地図太郎Plusと組み合わせて使い分けるのが賢い選択かもしれません。

ラベル: , ,

木曜日, 7月 23, 2009

Google Earth の新機能では日本のかぐやデータ投入

皆既日食のタイミングだったので、Google Earth 上で皆既日食をシミュレーションできる新機能サプライズを予測していましたが、まったく違いました。が、7/20に Google Moon for GE として、月に関する様々なコンテンツが拡充され、日本の誇る衛星かぐやが観測した様々なデータも採用されるなど、日本も含めた世界中の成果が拡充されて、もはや Google Earth は国を超え、星を超えた感があります。というわけで皆既日食機能はいつになるかわかりませんが、待てない人はデジタル台風さんの特設サイトだ!

ラベル: , , ,

水曜日, 7月 22, 2009

ジオジオスタンプラリー無事終了!

先日ご紹介しました、
ジオジオスタンプラリーイベントがおかげさまで無事に終了いたしました。
http://geogeo.jp/

参加いただきましたみなさま、おつかれさまでした&ありがとうございました。

総勢50名以上の方に参加いただき、
iPhone や Android ユーザ比率の異常に高い集団が
Twitter でつぶやいたり、GPS片手にジオキャッシングしたり、
位置ゲーしたり、オープンストリートマップの地図作りに集中したり
レーダーソフト(DGRadar)でお宝を探したり、、、と、なんでもありの状況でしたが、

天気にも恵まれ、
非常に楽しいイベントとなりました。

当日の様子などは、徐々にアップされております。

◆当日のつぶやき
http://geogeo.yuiseki.net/

◆映像など
http://takasumasakazu.net/2009/07/geogeo/

多々反省点もありましたが、
よりブラッシュアップして、また開催する予定です。

ラベル: , ,

月曜日, 7月 20, 2009

月(日食?)に関する Google Earth 新機能の発表

珍しく、Google から新機能のリリース日について、事前に発表がありました。
7/20に月(日食?)に関する Google Earth 新機能の発表があるそうです。
とりいそぎ情報まで!

ラベル: ,

月曜日, 7月 13, 2009

Google Earth Server の最新版登場!

無料の Google Earth を使っているユーザにとっては、うん千万円する Google Earth Server は憧れの存在ですが、この Server の最新バージョン v3.2 がリリースされました。目玉は、Google Ocean や Historical Imagery などの GE v5 相当にアップグレードされたこと。Server なので、通常の Google Earth ではできない DEM データの投入も可能です。
今だと、ASTER G-DEMやOpenStreetMapなど、オープンデータも充実してきているので、独自 Google Earth Server の構築も現実味がありますね。

ラベル: ,

水曜日, 7月 08, 2009

ジオジオスタンプラリー(7/20)開催!

7/20の海の日に、ジオメディアサミット x オープンストリートマップ x ハッカーズカフェ 主催で、
ケータイ端末を使った、野外イベントを開催いたします!
その名も「ジオジオスタンプラリー」。
みんなで、位置ゲーやったり、OSMマッピングパーティ楽しんだりするイベントです。

日時: 2009年7月20日(祝) 13:00~19:00
場所: 立教大学 太刀川記念館(池袋)

参加申し込みはこちらから。
すぐに満員になる可能性ありますので、申し込みはお早めに!

ラベル: ,

水曜日, 7月 01, 2009

基盤地図と歴史的農業環境閲覧システムのコラボ

某所でブレーク中の基盤地図WMS配信と歴史的農業環境閲覧システムWMS配信がコラボしています。
これを機に、日本でもWMS配信が当たり前になる時代がやってくるといいですね。
とりあえず、それぞれのWMSサーバURLをメモいたします。

基盤地図
http://www.finds.jp/ws/kiban25000wms.cgi?

歴史的農業環境閲覧システム
http://habs.dc.affrc.go.jp/geowebcache/wms

ラベル: , , ,